シミの種類と効果をご紹介

シミウス,シミ

シミウスは(ホワイトニングリフトケアジェル)、シミ対策のジェルです。1個で10役、というオールインワンジェルです。

 

特に、マッサージクリームとしては楽天で1位を獲得しています。

 

一口にシミ、っていっても、いろいろな種類があるんですよね。私たちが気にする一般的なシミは、老人性色素班のこと。

 

シミウスの高配合のプラセンタエキスが最も活躍できるシミです。20代、30代のシミでも老人性色素班といいます。

 

紫外線によってできるシミのことで、シミができて1ヵ月間(だいたい肌の新陳代謝、ターンオーバーの周期ですね)、美白化粧品を使うことで消すことができます。シミに気がついたら、すぐに始めることが大切です。

 

シミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)は、マッサージクリームとして美白マッサージをすることでシミを薄くし、美白へと導いてくれるジェルです。

 

美白マッサージのやり方はシミウスの公式サイトにのっています。一般的な老人性色素班の他にも、シミの種類はたくさんあります。あげてみますね。

  • 肝斑(かんぱん)
  • 雀卵斑(じゃくらんはん)
  • 炎症性色素沈着
  • 脂漏性角化症
  • 花弁状色素班

こんなにあります。このなかで一番聞いたことがあるのは、肝斑ぐらいですよね。目尻の下や頬骨に沿って左右対称にできるシミが、肝斑です。女性ホルモンのバランスが原因といわれていて、30〜40歳代に発症することが多いシミです。内服薬で治ることが多いようです。

 

肝斑には、トラネキサム酸入りの内服薬を主に処方されますが、食欲不振や吐き気という副作用がでる人もいるようです。トラネキサム酸はアミノ酸の一種で、医療の分野で止血や湿疹の治療などに使われていました。

 

メラニンを抑制する働きがあることがわかり、シミを薄くする化粧品にも使われるようになりました。内服薬と化粧品を併用すると、効果的です。

 

遺伝性の雀卵斑(ソバカス)、イボのようにできるシミの脂漏性角化症、肩から背中にかけてできる花弁状色素班は、主にレーザー治療をします。

 

炎症性色素沈着は、ニキビや虫さされ、ケガをした時に一時的にできるシミで、ほうっておいても治るものですが、時間がかかります。このようなシミには、美白化粧品を使ったり、ピーリングをすることが有効です。

 

シミの種類はいろいろあっても、ほとんどの人にとって気になるシミは、老人性色素班と肝斑と炎症性色素沈着ですね。

 

シミウスのシミを薄くする成分には、プラセンタエキスの他に

  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • 甘草エキス
  • シコンエキス
  • サクラ葉抽出液

があります。シミウスが薄紫色をしているのは、シコンエキス(紫根エキス)の色です。敏感肌の人も安心して使えるような安全な成分です。とにかく、一般的なシミには、安全な美白化粧品を早めに使って対処するのが一番、効果的ですね。

 

シミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)は5周年になるロングセラーのジェルです。医学・薬学専門の雑誌にものった信頼がおけるジェルです。試してみたい、と思ったら、シミウスの公式サイトを開いてください。あなたの気になるシミに役立つ情報もあるかもしれません。

 

>>シミウスの詳細はコチラから

ホワイトニング リフトケアジェル