副作用があるのかどうか見てみよう!

シミウス,副作用

シミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)は、プラセンタエキスをはじめとして、甘草エキス、シコンエキス、サクラ葉抽出液という自然素材の成分が含まれているので、安全で副作用の心配はありません。敏感肌の人も安心して使えたという口コミもあります。

 

シミウスを開発したメビウス製薬の会社の方針が、「できる限り低刺激な成分を使い、安心してスキンケアやメイクをしていただけるよう、商品のラインナップをしている」ということをみても、副作用のない安全な商品である信頼感を感じます。

 

また、2013年2月号「新薬と臨床」という医学・薬学専門雑誌や、2014年9月号のフレグランスジャーナル臨時増刊号にも掲載されたという実績もあるシミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)です。

 

口コミの評判もよくて、シミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)を使って美白マッサージを行うことでシミ改善していくプロセスは、アンチエイジング効果もあるといわれています。そんなシミウスですが、ちょっと疑問点がありました。

 

それは、

  1. アラントインが有効成分になっているものがある
  2. パラベンフリーではない

の、2点です。

 

シミウスの有効成分にはアラントインは入っていません。でも、楽天では、アラントイン入りのホワイトニングリフトケアジェルとして販売されているのです。また、敏感肌の人がいつも気になるパラベンが入っている、というのも安全面で心配です。これについて調べてみました。

 

【1つ目】
実は、シミウスは製造販売元が変わって、一部変更になったようです。いまのシミウスの有効成分は、グリチルリチン酸ジカリウムとプラセンタエキス(1)です。変更前は、アラントインとブタプラセンタエキス-1の表記でした。

 

楽天の販売店では、今でもアラントインが有効成分のシミウスを販売しています。でも、それは現在のシミウスではありません。販売・配達もメビウス製薬ではありません。でも、どちらも医療分野でも使われるぐらい副作用の心配がない安全な成分です。

 

アラントインは修復作用があり、グリチルリチン酸ジカリウムは抗炎症作用があります。

 

【2つ目】
無添加化粧品や自然派化粧品は、パラベンフリーがよくいわれますね。
でも、シミウスはパラベンフリーではありません。シミウスの成分表示のなかに「パラオキシ安息香酸メチル」とかいてありますが、これがパラベンです。パラベンは防腐剤としての役割をもつものです。しかも、防腐剤のなかでは、パラベンは最も毒性が低い、といわれています。

 

化粧品に防腐剤が全く入っていないと、空気に触れることで酸化や細菌によって腐敗してきます。化粧品が腐敗すると、化粧品としての意味がなくなります。この辺のところをメビウス製薬の社長さんが説明しています。

 

「私たちメビウス製薬では「無添加」「自然派」という言葉はあえて使いません」「メビウス製薬では防腐剤としてパラベンを使用しているとはっきり書いています」「化粧品である以上、正直に化学物質を使っていると言いますし、それをふまえた上で肌に優しいものを作ることが使命」

 

敏感肌の人にとってはパラベン=悪者というイメージがありますね。でも、メビウス製薬の社長さんの話も参考にしてください。

 

シミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)の安全性や副作用について、少しわかってもらえましたか。

 

シミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)の公式サイトと同時に、メビウス製薬の公式サイトの会社概要もみていただければ、シミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)についてますます理解できます。あなたのシミ対策の役にたつ情報もあるかもしれません。

 

>>シミウスの詳細はコチラから

ホワイトニング リフトケアジェル